ウソ?ホント?精力剤調査隊!

精力剤選びでもう騙されたくない!と思う君!当サイトを参考にしなさい。最高の精力剤を紹介しよう!

*

中折れしたくない!ED・勃起不全の男性編

      2016/06/17

「EDは色んな種類があるって知ってた?」by調査班E

どもども。
調査班Eです。

さて、今回はいつもと趣向を変えて精力剤の調査ではなく、俺がおすすめする精力剤の選び方について記事を書きます。
ちなみに今回紹介する精力剤の選び方は、俺やこの調査隊の他の奴が目安として使っている基準だから「あー、そういう視点で精力剤のことを調べているのか」って思ってもらえれば嬉しいですね。

で、俺が担当するのは中折れやEDで悩んでいる男性にピッタリの精力剤の選び方。

結構、多くの男性がこのEDで悩んでいることって多いですな。

勃起不全やらインポテンツやら色々な呼び方がありますし、完全なEDとまでは言わないけど中折れペニスって感じでせっかくのセックスに水を差したりと厄介な症状です。

EDの一番厄介なとこってどこだと思います?

人によって色々と思うところはあるでしょうが、俺はEDって一言で言っても色んな原因があるし、その原因のせいで治療法が変わるってことが一番厄介だと思うんです。

で、EDになった原因で治療法は変わるけどEDの症状自体はどれもそんな変わらないんです。
どの原因でEDになったとしても、ただペニスが勃起しなくなるあるいは勃起しにくくなるだけ。
だから、原因を特定するのも大変なんですよね。
ホント厄介。

だから、まずはEDの種類とその原因を知り、その上で原因ごとでちょっと変わってくる精力剤のおすすめの選び方を紹介しますよ!

EDの種類は全部で4種類!

EDの種類は原因によって変わってきますが、大きく分けるとたったの4つ。
だから、まずはこの4つのEDがどんなEDなのか覚えましょう。

器質性ED

器質性EDはカラダの問題が原因のED。

よくある「年をとってから勃起しにくくなった」って話、実はこれも器質性EDなことがほとんどです。
まあ、カラダの問題だから器質性EDはなりやすいし治しやすいものだって認識でOKです。

他のEDと見分ける方法は、器質性EDになるとほぼ朝勃ちしなくなるし、オナニーのときもセックスのときも勃起しないって感じですね。

血の流れが悪くなったり、男性ホルモンの分泌量が減ると器質性EDになる可能性大だから歳をとったらなりやすいのは当然、不摂生な生活を送っていてもEDになるかもしれませんよ。

器質性EDの原因は、血の流れが悪くなる、血管が細くなる、血管がかたくなる、高血圧、高脂血、糖尿病、男性ホルモンの分泌量が減る、ペニスが傷つく、下半身まひ、うつ病などが要因。

心因性ED

心因性EDはココロの問題が原因のED。
つまり、さっきの器質性EDとは逆のことが原因のEDって感じですな。

肉体的なことが原因じゃないから治しにくいEDって思うでしょ?

でも、実は人間のメンタルって案外簡単に軌道修正できるから!
良くも悪くも「気の持ちよう」が原因のEDだから治療にかかる時間は一人一人で結構変わってきます。

心因性EDの原因は、ストレス、プレッシャー、トラウマ、緊張、セックスパートナーへの慣れもしくは不仲、アニメ絵でのオナニーすることが多くなったなどが要因。

たとえば、「え?もうイッたの?」「小さい」「全然物足りないんだけど……はぁ」のように言われると朝勃ちはするのにセックスの時だけ勃たなくなったりするのは心因性ED。

最近では、「妻だけED」っていう症状も多いみたいだな。
妻だけEDになってしまう症状みたいなんだけどなぁ。
詳しくは、「えっ!妻だけEDが離婚の原因に!?妻だけEDの原因と治療対策マニュアル」の記事を書いたからチェックしてくれ。

複合型ED

複合型EDは名前の通り色んな原因が混ざってるED。
簡単に言っちゃえば器質性EDと心因性EDの2つともがEDの原因になってるって奴です。

実はこのEDで悩む人が一番多いって言われてますな。

器質性EDになったせいで勃起しない状態をセックスパートナーに理解してもらえなくてボロクソに言われて心因性EDになる、というのは別に珍しいことじゃありませんし、全然よくある話ですよ。

複合型EDの原因は、器質性EDと心因性EDのどっちも(どちらが先になったかとかは関係ない)

薬剤性ED

器質性ED、心因性ED、複合型EDとはちょっと系統が違うのがこの薬剤性ED。

薬剤性EDだって人はEDで悩む男性の中でも一番少ないけど、ある意味では一番深刻な状態かも・・・
だって、カラダの問題が原因でもなければ、ココロの問題が原因でもないんです。

なにせ薬剤性EDの原因は名前の通り普段から飲んでいる薬の副作用で起きてしまうEDだからです。

薬剤性EDの原因は、精神安定剤、抗うつ剤、睡眠薬、向精神薬の副作用、降圧剤、高脂血症治療薬、胃潰瘍治療薬の長期的な服用。


EDの種類はたった4つだけだけど、どれも原因が大きく違うんですよね(複合型EDはちょっと特殊だけど・・・)
だから、それぞれのEDにあった精力剤を飲まないと、いくらお金や時間をかけても無駄なんですよね。

たとえば、器質性EDなのにカウンセリングを受けたり、リラックス効果の強い精力剤を飲み続けても効果に期待できますか?
できませんよね。

逆に心因性EDなのに血流を良くしたり、男性ホルモンの分泌量を増やしてくれる精力剤を飲んでも効果に期待できるとは思えないですよね。

だから、ちゃんと自分のEDを特定して、そのEDの原因にあった精力剤を選ぶことが重要なんです。

ED別のおすすめ精力剤と選び方を教えます!

「自分のEDの原因が何か考えた結果、なんとか特定することができた!」

おめでとうございます。
正しいED治療の一歩目を踏み出すことができました。

「えっ!?これでようやく一歩目なのかよ・・・」

はい、そうです。
なんか面倒になってきたな……って感じるかもしれませんが、本当にEDを治したいのなら耐えてください。
それにこの一歩目を踏み出してからのED治療は本当にスムーズに進むんですよ。
だって、自分のEDを特定することができたのならそれに合った精力剤を飲み続けるだけで勃起不全を治せるのに期待大だからです!

ED別の精力剤の選び方を紹介しますね。

器質性EDの人にはコレ!

器質性EDはカラダの問題が原因のED。
特に血流の悪化や高血圧、高脂血と血のめぐりが大きく影響してるEDなんです。
だから、器質性EDの人は血流促進作用のある精力剤を買うのがベスト!

他にも血管を広げてくれそうな成分や滋養強壮作用を高めてくれる成分が入っているものを買うのが正しい選び方って言えますね。

具体的にはL-シトルリン(スーパーアミノ酸L-シトルリンの効果と副作用を調べてみた)やアルギニン(健康に必要不可欠なアミノ酸の一種アルギニンの効果と副作用を調べてみた)、オルチニンって成分が器質性EDの治療に役立ってくれます。
だから、これらの成分がたっぷり入ってたり何種類も含まれてる精力剤を選ぶことをオススメします。

また、器質性EDは男性ホルモンの分泌量が減っちゃうことでもなる可能性大!
だから、血流促進だけじゃなくて男性ホルモンの分泌量にもいい影響を与えてくれる成分が含まれてる精力剤を選ぶのが賢い選択方法です。

男性ホルモンの量に影響力がある成分は、アルギニンや亜鉛(元気の源・亜鉛の効果を調べてみた)ですね。

他にもマカ(マカの効果と副作用を調べてみた)やクラチャイダム(マカよりすごいクラチャイダムの効果と副作用を調べてみた)のような滋養強壮を上げてくれる成分も男性ホルモンにいい影響があるのでGood!

心因性EDの人にはコレ!

心因性EDはココロの問題が原因です。
だからカウンセリングを受けるのが本当は良いんですが、「実は俺……EDなんです」って他人に言うのは恥ずかしいし、そのことで話を聞いてもらうってのも恥ずかしいですよね。

だからこそ、自宅で誰にも知られずに治せる精力剤をおすすめしたい。
ココロの問題が原因ならリラックス成分が入っている精力剤を選ぶのは当然です。

他にも自分のセックスに対して自信を持てるようでトラウマやプレッシャーとかは克服できますからペニス増大系の精力剤で心因性EDを治すのは全然アリ!
リラックス成分ならハーブ系、ペニス増大ならL-シトルリンやアルギニン入りの精力剤って感じです。

複合型EDの人はコレ!

EDで悩んでる人のほとんどの人にあてはまるのが複合型ED。
この複合型EDを治してくれる精力剤の正しい選び方を紹介します。

って言ってもさっき書いた「器質性ED」と「心因性ED」の精力剤の選び方の2つを参考にすれば良いだけなんですが(笑)

器質性EDと心因性EDの改善に期待できる成分で共通してるのはアルギニンや亜鉛なので、積極的にこの2つの成分が入っている精力剤でEDを治すようにするとスピーディな治療に期待できますよ。

薬剤性EDの人はコレ!

薬剤性EDはちょっと特別なED。
もし何らかの薬を飲み始めてからEDになったって人はこのEDを疑うべきですし、治療に励むべきです。

ただ、薬剤性EDが出るような薬を飲むってことは体が不調なのは間違いないから安易に精力剤を飲んでも良いんでしょうか?
正解は「精力剤を飲んでも良いけど気休めにしかならない」って感じですね。

どういうことかって言うとですね、薬剤性EDになるくらいの強い薬の作用は精力剤を飲み続けた程度だと太刀打ちできないんですよ。
まあ、いわゆる焼け石に水ですね。

だから、薬剤性EDの人はセックスをしたいときにはバイアグラやレビトラのような効果の強いED治療薬を買う方が精力剤を飲み続けるよりよっぽどいいですよ。
ただ、ED治療薬を飲む前に医者に相談することは忘れちゃだめですよ!

EDの人向けの精力剤の選び方まとめ

以上がEDの人向けの賢い精力剤の選び方の目安って感じですね。
どうでした?

EDごとに何を飲んだらいいかハッキリしているから選びやすいって印象を持ったんじゃないでしょうか?

精力剤でのED治療は時間がかかるって思われることが多いですが、ちゃんと原因に対して効いてくれる成分が入っている精力剤を選べばスムーズにED治療することができますよ!
だから、EDの人は是非ここで紹介している選び方を参考にしてほしいですね。

ED向けの精力剤の選び方のキーワードは「血流促進」「男性ホルモンの分泌量の増加」「リラックス」の3つです!

しっかりと覚えておきましょう。

ちなみに俺がEDとかにおすすめしてる精力剤はGS。

 - ED改善